内部通報制度コンサルティング業務

ビジネス法務アカデミー

その他コンサルティング分野

お問合せ

▼ 会社法、商取引法、M&A・事業承継、倒産・再生、IT・知財、労働法、公益通報・コンプライアンス等について、専門弁護士が豊富な実務経験に基づき解説します。田島・寺西法律事務所が運営しています。

田島総合法律事務所弁護士による弁護士コラム
取扱業務一覧 > ビジネス法務アカデミー

法務・コンプライアンス担当者向けセミナーのご案内

ビジネス法務アカデミー

ビジネス法務アカデミーについて

ビジネス法務アカデミーは、企業・組織の法務・知財・コンプライアンス等をご担当の皆様を対象として、最新法令、裁判例の紹介、ビジネス関連法規の基礎知識など、毎回独立したテーマで専門の講師(弁護士、有識者等)を招いて開催しております。

興味あるテーマへのスポット参加はもちろんのこと、1社2名ずつ全セミナーに無料でご参加いただける“特別会員”、各セミナー何人でもお一人10,500円割引でご参加いただける“企業会員”と、会員制度も充実させております。

今後も、知的財産権、国際契約等はじめ幅広く専門的なテーマのセミナーも数多くご用意してまいりますので、是非一度ご参加になり、よろしければ会員にご入会もご検討いただければ幸いです。

ビジネス法務アカデミー会員制度のご案内

各士業継続研修について

当社は日本弁理士会に対する継続研修外部機関としての認定を受けています。各研修における認定単位については、各セミナーのご案内をご参照下さい。一般参加での申込みにて、単位を取得できます。

最新セミナースケジュール

14年10月21日(火) コンプライアンス・内部通報・ハラスメント相談窓口担当者のための面談技術【10月特別セミナー】

ホットライン、内部通報窓口担当者としておさえておきたい留意点と、相談者と信頼関係を築き、話やすく、きちんと聴き取るための対応テクニックを実際のロールプレイを通じて学びます。【10月特別セミナー】

当セミナーは2008年より数回開催し、毎回大変ご好評を頂いております。グループワーク主体のセミナーとなりますので、他社の事例など有用な情報交換も活発に行われております。

詳細はこちらへ

14年7月 8日(火) 担当者が知っておくべき企業間紛争における裁判の流れと訴訟実務

企業の総務・法務等の担当者にとって、裁判、訴訟は業務の範囲でありながら、なかなか経験する機会はないものです。

取引先やお客様、従業員等から訴えられた時に、初めて弁護士に相談し、実際の訴訟について経験しながら学ぶのが実情でしょう。

今回は、そのような企業担当者向けに、特に企業間取引における訴訟の実務について、田島総合法律事務所の森居秀彰弁護士に、あらかじめ知っておきたい知識や、対応方針決定のためのポイントについてお話いただきます。

詳細はこちらへ

14年6月18日(水) 実例から学ぶ労働審判への対応法~労働者からの申立に備えて何をすべきか~

平成18年から始まった労働審判制度を利用した、労働者からの申し立ての件数は、年々増加の傾向にあり、ブラック企業などといった言葉の流行とともに、労働者の権利回復のための手段として広く認知されてきております。

通常、労働審判の申し立ては、労働者によって起こされるものであり、使用者側は、受け身に立たざるを得ません。

不意の申し立てに備えて、どのような準備をすれば良いのか、またどのように対応すれば良いのかについて、田島総合法律事務所の寺西章悟先生より、具体的なノウハウを含めてお話いただきます。

詳細はこちらへ

14年5月21日(水) 契約解消をめぐる問題点とチェックポイント

トラブルにならないために契約解消の法的ポイントと契約解消後に向けての留意点について、中田・松村法律事務所の松村幸生弁護士に解説いただきます。

詳細はこちらへ

14年4月22日(火) 英文契約書の読み方、チェックのしかた

海外から送られてきた英文契約書のどこを見てチェックするか、国内の契約書との違いなど初めての方にもわかりやすく解説します。

詳細はこちらへ

ページ先頭へ戻る
Copyright Fairlinks Consulting,inc. All Rights Reserved.